尾崎喜芳のおざおざ日記

役者:尾崎喜芳(さむらい2006)が日々を綴ります。旧名:おざおざ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兎に角諦めません

今日、また一人役者が決まった。この時期にまだ揃わないと?確かに…しかし!妥協をしたくないのです…最後まで足掻きたいのです!良いもの作りたいので、諦めませんよ~本番幕開くまで諦めませんよ~
スポンサーサイト

ギフト

稽古も終わり、新宿で西本ちゃんと紹介された役者さん、後から制作の千尋ちゃんが合流しての飲み。まだ役者が揃わない中、役を決めていかなくてはならない。ひとしきり酒を飲み帰宅。作家に電話するも見事に大喧嘩、最悪な空気の中それは起こった。携帯の画面に見たことのない番号が、役者さんかと思い、作家に「後で連絡する。」とムカつきながらキャッチホンする。「もしもし?」と俺。「もしもし、俺、覚えてるか?ぺーちゃんだけど…」一瞬、俺の周りの全てが止まった。いろんな事が一気に目まぐるしく動いた。「なんだよ~覚えてるに決まってんじゃん!…元気か?」それは6年振りに聞く幼なじみの声だった。同じに東京に出て来て、ずっと近くにいて、彼も夢を叶える為に東京に出てきた一人だった。小学生の頃からの付き合いだから…30年近い。しかし彼が東京を離れてからのこの6年、3度ほど電話で話す機会はあったのだが、それは彼からの電話では無く、他人を通しての繋がりだった。その都度、俺は彼に新しい電話番号を聞くのだが教えて貰えず、嫌われて、避けられているのだと感じていた。彼が東京を離れる最後のひと月、俺達は一緒に生活をした。その時間は俺にとってとても大切な思い出だ。19才で東京に出て来てからの事をお互いに思い出しながら話し、お互いに、あの頃はどうだった、こうだった、喧嘩した。酒のんだ、暴れた、はしゃいだ、いろんな思い出話しに時間を忘れてしまうほどだった。東京を離れる日、俺は一緒にトラックに乗って田舎まで一緒に行く事にした。何故か彼を一人で東京から出したくなかった。夢敗れて去る親友を一人にしたくなかったのだ。俺の勝手な思いだった。俺はセンチメンタルになっていた。それが彼には耐えられなかったんだと今なら分かる。あの日以来、彼が俺の電話に出る事はなく。かけてくる事も無くなった。そして6年、今、正に作家と決裂寸前の大喧嘩のど真ん中に電話をしてきた。そして「聞いたよ。座長で芝居やるだろ?見に行くよ。まだやってたんだな…」俺は何故か涙が止まらなく流れて来て、今までの全ての彼に対する思いが涙と一緒に流れだしてしまい、感情のコントロールが出来なくて、ただ泣いてしまった。「東京行ったら泊めてくれよ」この一言におれはこの6年間の罪が救われた気がした。電話を切って作家に電話。「俺、この数年で一番幸福の時だから、罵声を浴びせてもいいよ」「?」作家の顔が目に浮かぶ。俺は今日最高のギフトを貰った

助けてくで…

も~痒い。痒くて痒くてたまりません。鼻は詰まるし、目は痒い。くしゃみもとまらず、喉腫れる。(*´Д`)=зはぁ~どうなのよコレ?!耳の中まで痒いんだもん!!イライラしちゃってしょーがない、これでは集中できない…眠気より、効き目だな…明日からきつめの花粉症の薬を飲もう。

プラス1

今日から落合が稽古に参加。やっぱりいいね~男が増えると。しかも彼は俺の想像を抜けて行く。素晴らしい存在だ。他のメンバーにも刺激になればいい。より良い舞台を作り出すために。

恐怖の花粉症

きました。まぁ軽く年末からきてはいたんです、ハイ。今朝方5時過ぎ、呼吸がくるしくて起きる。( ̄〇 ̄;)!!!
風邪か!!!!!
「んっん"~うぅん」 お~声はでるな。
じゃなんだ?………まさか、話しには聞いていた喉が腫れる花粉症か!!
∑( ̄口 ̄)そうなのか?!飛び起きて薬を探す。鏡を見る。顔は赤くない。熱はない。…やはり花粉症か…アレルギーの薬を飲んだ。午前7時、喉の腫れが楽になる。
┐(´ー`)┌はぁ~これでほとんどの花粉症弊害に犯される事が決まった俺でした。

眠れなかったりもする

考えがまとまらずに朝まで眠れなかったりする。当たり前だ。この頃、20代の頃を思い出す事が多い。口ばかりの責任感で事を進めていたあの頃、若さとムチャがあった。今の俺はどうだろう…。精神的若さとムチャは忘れづに、本当の責任が取れる人間になっているかな?3月の芝居が終われば分かる事か、今は何も出来上がっていないのに、責任の事考えてもしょうがない。俺を信じてくれている人に信じて良かったと思ってもらいたいだけだ。

相変わらずいい仕事だね~

制作のチヒロちゃんからメールが届く。もう一人役者を紹介したい。との事。いいね~よく見ると本決まりのセッティングではないらしいが相変わらずいい仕事だね~チヒロちゃん。この前のズン君にしろ、今回にしろ制作以外の仕事を沢山考えてくれて、つくづく俺は周りに助けられてばかりだと改めて思い直す1日だった。

みんな大丈夫か!

座組内に風邪が流行りだしている。こんな流行りは全くもって迷惑千万!体調崩した皆さん。ゆっくり養生して、完全回復を目指して下され幸いにもまだ風邪菌に犯されていない皆さんも油断せず、手洗い、うがいを忘れづにですそんな人数の少ない稽古場に出演交渉中の役者ずんちゃんが見学に来てくれた。今日は人数が少ないから本読みをせずに、基礎稽古をやると決めていたので丁度良かった。本読み稽古より、基礎稽古を見て欲しいと思っていたからだ。どんな基礎をやっているのか?これによってある程度の事が分かると俺は思っているからだ。まぁ当の本人は
「尾崎さん怖い」
と言っていたが…
ヽ(゜▽、゜)ノ
全くおいらは優しい人さね~笑
まぁ稽古後に酒のみながら話して、また一段とずんちゃんと一緒に芝居をしたいと思った俺でした。ずんちゃんはどう?

読むと聴くでは大違い

台本が少しづつ上がってきました。自分が読んで想像し、役者に読んでもらって、あ~こうなるのか~こうくるか~と新しい発見と確認、やっぱり本は役者に声を出させないと分からないもんですな、俺も沢山考えが浮かんできて、早く先の台本こないかな~って役者目線になってしまった。今回こんな状況で集まってくれた役者に感謝、そして、これは今回のメンバーだからなせる芝居、それを再確認した今日でした。

何とかなるのかね~

月が変わりました。台本上がりません。役者捕まりません。しかし!!しかし!!です。!こんなものです。現実は、旨く、自分の思った通りに進まない。まぁ3月の本番に全てが間に合えばいい。ただそれだけだ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。