尾崎喜芳のおざおざ日記

役者:尾崎喜芳(さむらい2006)が日々を綴ります。旧名:おざおざ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お芝居の事

久しぶりの日記、時間が空き過ぎ。まぁ今回は芝居の話し。知り合いの芝居を見に行って来た。空間もきつかったが、芝居はもっとキツかった。場所は民間を改造したような、(元々芝居空間では無い)場所に鮨詰め状態、クーラー効かない。(斜幕の向こうに見えるのがクーラーかぁ?)室内温度上昇、汗だく、湿度上昇、気分最悪。もうこの時点で芝居を見る気分では無くなってます。芝居はテクニカルが全くもってグダグダ…。なんだこりゃぁ?もうダメだよ~役者が哀れだ。芝居が落ち着いていない。当たり前だ こんな状態で芝居をするなんてどんな精神修行なんだ!まぁ答えは終演後に出演者に聞いて明らかになるのだが、今更のホローだけど、役者に落ち度は無い。きっかけ、場当たり、ゲネプロ無しのぶっつけ本番!こんなの酷いを通り越してドッキリだ!もう笑いがこみ上がる。昔、俺も先輩役者に騙し討ちで地方巡業に参加したことがあるが、流石に、ゲネプロ、キッカケ、は現場で必ずやったよ。今回のこの芝居は有る意味、怖い物知らずなトップの強行からなる失敗だ。それに付き合わされる役者、そして、客に取ってはたまったものでは無い!此だから演劇はバカにされてばかりなんだ!悲しくなった俺でした。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。