尾崎喜芳のおざおざ日記

役者:尾崎喜芳(さむらい2006)が日々を綴ります。旧名:おざおざ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そう言えば

2日ほど前の事、ウナギを食べたのだが。なんと、あろうことか骨が喉に刺さった!!(・_・;)ウナギの骨だよ?なんか凄く中途半端な位置に刺さったらしく気になってしょうがない。ご飯を丸呑みしてみるが全く効果無し、まぁほっとけば溶けてしまうのでは?などと軽く考える拙者はそれから約10時間ほどこの骨と格闘する事になる。唾を飲み込むたびに骨が気になる。鏡で口の中を見て見るが無論みつかる訳もなく…酒飲みゃ忘れてしまうだろうと朝4時まで飲み続けて、流石に寝ようと思い歯磨きかいし、?(・_・)エッ....?
なんだ?奥歯を磨くと喉がチクチクする。もしかして歯ブラシで届く位置に骨があるんじゃないか?ブラシで喉の奥を引っかいてみる…
う~んやっぱり無理か…諦めて口を濯いで鏡で磨きチェック…ん?…なんだ?あの喉の横からでてるヒモは?…骨?骨だ!箸!箸で摘むぞ! おえってなるも、骨ゲット!!なっなんとその骨の長さが… 3センチほどもあるではありませんか!∑( ̄口 ̄)なんじゃこりぁです。なんでこんな長い骨がウナギの蒲焼きに残っているの?しかも拙者それに気が付かず食べちゃう訳?
拙者、そんな骨にも気が付かないくらいの食いしん坊なのかしら?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://samurai2006.blog72.fc2.com/tb.php/182-b2f4d7f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。