尾崎喜芳のおざおざ日記

役者:尾崎喜芳(さむらい2006)が日々を綴ります。旧名:おざおざ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラスの靴

ガラスの靴を買いに行くことになった。無論、夢の話しだが…。シチュエーションは雇われの侍か浪人、刀を大小差していて、右腰にも一差ししている、なんか変な感じだ。まぁそれはいいとして、歳のいった女というか年寄りだな、まぁ、その人にガラスの靴を買ってきて欲しいと頼まれて、散々探して、結局デパートに行く。店の定員に説明して案内された場所が、スーツ売り場。話しを聞いていなかったのか!と怒りだす拙者に、「何言ってるんだ!盗賊が!」ここで拙者、自分が盗賊だと初めて知る。笑 拙者は兎に角、靴を買うのだと説明するも聞き届けられず、戦闘に突入…今日の拙者は二刀流らしく、あっ!そのための右ね!って感じで刀を抜く、しかし自分は何も非がないので、何故こうなる?!と聞くと「ガラスの靴をそう簡単に手に入れさせる訳にはいかない」流石夢!支離滅裂である。ガラスの靴ってそんなに貴重な物なのか?兎に角この場から抜け出るために戦いながら一階を目指す。すると夢を見ている自分がしまった!と感じた瞬間、夢の中で違う夢の中に入ってしまった。子供の頃から何度も見ているデパートの夢である。先程のデパートと全く違うデパートに繋がってしまったのだ。自分ではマズいと思っても拙者は脱出出来ず、追っ手もやって来る、最悪なシチュエーション。然もこのデパートは出口のないデパートの夢なのである。昔から自分を悩ませる夢の一つなのだ…(あ~こんな所に来てしまった)と大声で叫びながら敵を斬って行くビーズコーナーを過ぎ、オモチャ売り場を過ぎ、2つある階段を下り、やっぱり同じだ、次はあそこだ…出た!宮殿の広間!最悪だ絶対帰れない!深みに嵌る、こっちの夢の敵が来る!早く仲間に会わなくちゃ、こっちの夢には仲間がいるのだ。昔からいるのだ、現実世界で一度も会ったことないけど頼りになる仲間だ。広間で戦っていると仲間が走って来る!おっ間がイイネ~と思っていたら、その後からデッカい化け物連れて来やがった!コイツ!と思って(何だあれ?!)「地下の迷路にいやがった!」じゃ迷路の中でやっつけてよ!!って感じですよ!!兎に角、二人で雑魚キャラ倒して化け物の相手をする。全然強くて負けそう、追い詰められて、振り下ろして来る腕を間一髪でかわした瞬間床が抜けて暗闇に落ちていく拙者…底のない闇に向かって落ちて行く途中で目が覚めた。すごく汗をかいていた。夢の連結は久しぶりだった。ガラスの靴、どんな意味なんだろう?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://samurai2006.blog72.fc2.com/tb.php/277-da4f7f0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。