尾崎喜芳のおざおざ日記

役者:尾崎喜芳(さむらい2006)が日々を綴ります。旧名:おざおざ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そば

田舎にいた。勿論初めてで、知らない場所だ。大きな由緒ある寺で、観光客が大勢いる。いろんな部屋を見て、なんか国宝級の物を見て、最後に畳三十畳はありそうな部屋に出た。人がごった返している。何をしているかと思えば、皆さん蕎麦を食べている。この寺は蕎麦が名物らしい。部屋の横繋ぎに土間があり、そこは厨房よろしく戦場とかしている。俺は先ほど蕎麦と書いたが、土間から持っていかれるドンブリを見ていると、うどんもあるみたいだ。俺は僧侶に「これのどこが名物なんですか?」と訪ねた。すると「まぁ暫く、じきにお持ちしますから、そうすれば分かります。」と僧侶。その言葉が終わらぬ内に向こうから大きなお盆に桶を六つばかり載せて運んでくる。それを俺の前におくと、桶の中には(うどん)がいっぱい
(・_・;)なんじゃこの量は…桶の中いっぱいにウドンが、これを食べるのか?と思っていると、気づかなかったが、俺のすぐ横でこの食べ物に挑戦している人達を発見。もう桶3つ食べている。やっぱり人数いなきゃ無理だよね~…んっ?「あの~これって一人で挑戦するものなんですか?」
「いや~流石にお一人様での挑戦はまだ御坊も経験御座いませんな~はっはっはっはっ」……はぁ~
∑( ̄口 ̄)!!!!俺が聞かなきゃ一人でやらせる気だったの!?「一人じゃ無理だから違う名物出して下さい。」と俺、すると蕎麦が出てきた。「蕎麦も名物でして、まあ食べてみて下さい。」
俺は蕎麦を手繰た。普通に美味い。しかしこれのどこが名物なんだろう?俺はそう思いながら食べていたその時、箸に柔らかな感触、ニュムっと沈むような箸の感覚、俺はそれを持ち上げた。!!!
(・_・)エッ....? 和菓子?なんで??えっ!なに?俺が目を白黒させていると「名物の饅頭蕎麦です。」…はぁ~?!それは餡を薄い餅でまいた和菓子、それば蕎麦の熱で少し餅が柔らかくとろけている。俺は一口食べてみた!!うま~いヽ(゜▽、゜)ノ!!なんだこの美味さ!そしてすぐに蕎麦を繰る、これまたうま~い!!なんだこのダシと甘さの絶妙なバランスは!!俺は一気に蕎麦を食べた。美味い!こんな美味い蕎麦は初めてだ。「これはどうやって作るのですか?」と僧侶に聞こうとした瞬間に目が覚めた!!あっ~レシピが聞きたかった!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://samurai2006.blog72.fc2.com/tb.php/543-3c9292f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。