尾崎喜芳のおざおざ日記

役者:尾崎喜芳(さむらい2006)が日々を綴ります。旧名:おざおざ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなにお腹空いてるの?

こんな夢を見た。とても広い明るく、緑にかこまれた素敵な洋館、そこに何故だか有名な落〇シェフ がいて、俺と雑談している。その場所はレストランのようだ、オーナーは品の良いマダムで深い赤のヴェルヴェットのドレスを着ている。そのオーナーが「よほど気に入ったのね、珍しい。彼が人を連れて来るなんて。」と俺に話し掛ける。(俺はどうやら落〇シェフに連れてこられたらしい)シェフが近づいて「ここはねフォアグラが美味しいんだよ。マダム見繕って出して」と俺の横に座った。ワインをカーブから出して来たみたいだ。シェフはオープナーでワインを開ける。デキヤンタに移していくだけでとても素敵な花とフルーツの香りが漂う。ワイングラスに注ぎ香りを確かめる。さっきとはまた変わり、少し牧草地のような、藁のような香りが先に来る。兎に角一口… (」゜□゜)」ウメ~ 今まで飲んだどのワインより旨い!なんだこのワイン!「何処のワインですか?」と聞くと「当ててご覧よ」とシェフ。ボトルから見てボルドータイプ、しかしそれ以上品種もなにも分からない。悩んでいると料理が目の前に来る。これまた旨そうだ。しかも美しい!俺の持論で「美しい料理に不味い物無し!」と言うのがある。一口……! (`∇´ゞ当たりであります!!下の上で絶妙に溶けていくフォアグラ、あ~消えていくっと思いながらワインを一口、もう言う事無し!最高です!!一人興奮して味わっていると、「今日はそのステージで遊んで行ってね」とマダム。ステージにシンガーが一人立っている。シェフが「尾崎ちゃんはギター出来るでしょ?」と手を取りステージに上がる。何故だかシェフはピアノに座り、俺はギターを持つ。シェフのピアノはめちゃくちゃ上手で、俺はコードを追いかけるのがやっとだった。シンガーの女性が「普段は何をしてるの?」と聞くので「役者をしています。」と答えたらシェフが「良い役者なんだよ」と言う。俺は急に、(そうだ!!俺は役者だったんだ!)と強く思い出した。(何やってんだこんな所で) と思った瞬間に目が覚めた。なんだ?追い詰められてるのか、現状に流されてるのか分からない夢だった。…しかし…… ワインと料理、おいしかった~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://samurai2006.blog72.fc2.com/tb.php/577-b49809ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。